資産形成にiDeCoがおすすめなのは何故?

将来の資産を増やすためにiDeCoを利用するわけ

リスクと隣り合わせの資産形成の仕組み

将来的に現在の公的年金が破綻することはないと言いますが、このままの支給額では安定した暮らしが保証されているとは言いきれません。 さらに今後も高齢化が進んでいけば、状況は悪化の一途をたどるでしょう。 まずは今現在、日本人の老後を支えるための年金制度がどうなっているのかを見ていきたいと思います。

まずは年金制度の実情を見てみよう

手元にある資産を最大限に活用して元本を増やしていくことが資産形成と呼ばれるものですが、このときの「資産」とはいったい何を指しているのでしょうか?
「資産」とは土地や建物、有価証券のようなあらゆる財産のことをいうのですが、資産形成の概念における「資産」についてはこの限りではないと考えた方が良さそうです。

アメリカの作家による経済論を見てみると収益を上げることができる財産だけが「資産」と呼ばれるもので、諸経費や税金が必要で維持するためにお金がかかってしまうようなものは「負債」と定義づけられているようです。
つまり、資産形成を行うためには「負債」となってしまうような財産を増やしていくことに意味はなく、きちんと収益を上げられる「資産」に投資していくことが大切だということになります。

投資とは収益を上げて元本を増やすことができる一方で、少なからずリスクがついてまわるものなので図らずも損益を出してしまうことがあるでしょう。
そうしたリスクを最小限に止めておくための策として、運用はゆったりとした視点を持ちながら長期投資で行うことをおすすめしたいと思います。
長期投資なら「福利」を利用したり、複数の資産に目を向けて同時進行で運用することによって、リスクを分散させることも可能になるといいます。

長期投資であればリスク管理がしやすいとはいえ、投資である以上元本割れのリスクは必ずついてまわります。
iDeCoなら元本確保型の定期預金も選択できますから、自分の経済状況と相談しながらリスクとリターンのバランスを考慮して運用方法の割合を決定していくといいでしょう。

iDeCoなら効率的に資産形成ができる

これから資産形成を始めるという人におすすめしたいiDeCoには、税制上の優遇措置が複数あることや運用中のわかりやすさ、他の金融商品とは違って手数料がかからないことが多いというような魅力がたくさんあります。 少しでも多くのメリットを享受するためにも、できるだけ早い時期から始めておくことがおすすめです。

老後の資金を確保するために

資産形成におすすめなiDeCoですが、ただ始めればいいというものではないようです。 他の投資とは違って60歳になるまで途中で現金化することができませんから、きちんと将来設計をした上で自由になる分の金額だけを積み立てるように設定しておくことが大切です。

▲ TOPへ戻る